近視

「レーシックで治療が可能な目の病気」

レーシック手術を受けることで、目の病気が治ると言われたらちょっと期待してしまいますね。
目の病気といってもいろいろな種類がありますが、この場合は近視や遠視や乱視のことを指します。

この場合は、目が悪いとか視力が悪いと考えるので、あまり目の病気という認識ではありません。
しかし一応このような状態は、目の病気になりますので、レーシックで治療が可能な目の病気ということになります。
こちらxn--pckp0b6k2cv009ahwvc.nameのサイトに、回復率についての興味深い解説があります。こちらのサイトも是非ご覧ください。

レーシック手術というのは、レーザーを使い角膜にフラップというフタのようなものを作ります。
フラップを開きそこから、レーザーを照射して視力をコントロールする方法です。
視力をコントロールするので、近視、遠視、乱視も同時に治療が可能となります。

しかしレーシックにも種類があるので、近視の人は受けられないけど、乱視の人は受けられるなど種類によっては不可能なこともあります。
今はレーシックの種類も増えていますので、視力回復だけでなく、目の病気に合わせてレーシックの種類を選ぶこともできます。

レーシックで目の病気の治療が可能だといっても、緑内障、白内障、網膜剥離などの病気は治療できませんし、レーシックも受けることができません。
自分で目の病気と自覚していなくても、検査をすればすぐに分かることです。

一応レーシック手術の前には、手術に適しているかどうか、適性検査や目の病気の有無を確認する検査なども行います。
まつげエクステhttp://www.omgitsfree.com/を手術前にやるなら、一週間前までに完了していることが必要です。
レーシック手術自体の時間は驚くほど短時間で済みますが、事前の検査には手術の何倍モノ時間をかけて、丁寧な検査をします。
検査結果次第では、可能なレーシックの種類も限られることもありますし、手術のできない病気がある場合には、手術を受けることはできません。

ここで気になるのが、老眼です。
老眼もある意味目の病気ですが、レーシックでは老眼の治療はできません。
老眼は治療できませんが、老眼と近視、老眼と乱視というように複合している場合は、近視や乱視のみ治療は可能です。
レーシック手術後のメリットは、こちらをご覧になってみてください。