近視

「レーシック手術の体への負担」

手術と名がつく場合、方法もいろいろありますが、体にメスを入れることも多いので必ず麻酔を使います。
手術の場合手術内容も体に負担がかかりますが、一番大きな負担となるのが麻酔なのです。
局所麻酔で済むような場合には、体への負担はそれほどかかりません。
しかし全身麻酔となると、麻酔のリスクも高くなりますし、体にかかる負担も相当なものになります。

レーシックにも麻酔を使いますが、レーシック手術の体への負担はどうなっているのでしょうか?
レーシックを受けてみたいとか、興味があるけど、麻酔が怖いとか手術ということ自体に不安を感じる人も多いと言います。
こちらにはレーシックはコンタクトレンズよりも安全性が高いと、解説されています。


レーシック手術というのは、角膜にフラップというフタのようなものを作り、そこからレーザーを照射して視力をコントロールする手術です。
角膜を切るので当然麻酔は必要ですが、この時使う麻酔は目薬のような点眼麻酔です。
麻酔=注射というイメージも強いのですが、レーシックの場合は注射もメスも使いません。

手術にかかる時間は両目でも、20分ほどで終了します。
麻酔の量も最低限ですし、体への負担も最小限で済むので手術後はすぐに帰宅できます。

体への負担はかかりませんが、目にはそれなりに負担がかかります。
術後の回復は早いとされていますが、術後しばらくは目を酷使できませんので注意も必要です。

手術当日と翌日はお風呂はもちろんのこと、洗顔もできません。
レーシック手術による体への負担はありませんが、術後の運動は目にも負担をかけることになるので運動もしばらくは控えなければいけません。
1週間の間はいろいろと制限されることも多いので、術後の注意点はしっかりと守ることが大切です。
これを怠ると感染症を起こしたり、後遺症などのリスクもあるので十分に注意したいですね。
手術前に、まつげエクステhttp://www.gomusiclyrics.com/もしないほうがいいです。

いくつか注意点はありますが、それさえしっかりと守っていれば、レーシック手術の体への負担はほとんどありません。
手術というよりも、視力を矯正するというイメージに近いかもしれません。 レーシック、コンタクト、メガネそれぞれの特徴も参考になるかと思います。