近視

「レーシックの種類」

近視や乱視の人も、強度の近視の人もレーシック手術を受けて、視力を回復しています。
手術自体の時間は短く、麻酔も目薬をさすような点眼麻酔です。
痛みも感じず、体にも大きな負担がかからないので術後すぐに帰宅できるのも魅力です。

レーシックが注目され始めた当初は、角膜の厚さが足りない人、強度の近視の人、乱視の人は手術に適していないと判断されたので、レーシック手術を受けることができませんでした。v しかし医学の進歩は目覚しいと言われるように、現在ではレーシックの種類も増えているので機械も新しくなり、より高度な手術も可能になっています。
個人差はありますが以前は手術ができなかった、角膜の厚さが足りない人、強度の近視の人、乱視の人で手術が受けられるようになってきています。
現在行われているレーシックの種類を、いくつか紹介しておきます。

・レーシック
レーザーを使いますが医師の手動で行うため最もポピュラーな方法ですが、乱視の人や角膜が薄い人は受けられないこともあります。

・イントラレーシック
コンピューターで完全制御された機械なので、正確で的確な手術が可能です。
角膜が薄い、乱視、強度の近視の人でも、受けられます。

・エピレーシック
強度の近視や角膜が薄くても受けられるのが、エピレーシックの特徴です。
しかし乱視の人は受けることができません。
若干痛みを伴うことと、回復までに時間がかかるのがデメリットです。

・ウェーブフロントレーシック
個人に合わせたオーダーメイド感覚の手術が可能です。
角膜が薄い人、強度の近視の人は受けられません。
レーシックの中では高額な費用がデメリットとなってしまいます。

このようにレーシックと名がつく手術にも、使用する機械や手術方法が異なるので種類も変わってきます。
角膜の状態や、視力の状態によっては受けられる人と、受けられない人の差が出てしまいます。
クリニックによっては対応していない種類もあるので、全ての種類のレーシックが必ず行えるというものでもありません。 レーシックがもたらすメリットも知っておくと良いでしょう。