近視

「レーシック後の視力状態は?」

レーシックは視力を回復させることができる画期的な方法として、注目されています。
レーシックとは何かこちらにも詳しく書いてあります。
今までメガネやコンタクトレンズがないと、モノが見えなかった人も、レーシック手術を受けることで、裸眼で普通にモノが見えるようになるのですから、こんなに嬉しいことはありませんね。
こちらでレーシック手術とコンタクトレンズを比較しているので、参考にしてみてください。

レーシックは手術時間も短く、麻酔も最低限の量ですし痛みもなく回復も早いので体に大きな負担もかかりません。
少し費用はかかりますが、一生メガネやコンタクトレンズのメンテナンスや買い替えをすることに比べれば、かえって経済的です。
レーシック費用の相場についてはこちらのオススメサイトを是非参考になさってみてください。。

術後の回復スピードには、個人差もありますが1ヶ月もすれば普通に裸眼で生活ができるようになります。
レーシック後の視力状態についてですが、いくら軽い手術だからといっても、術後の注意点はあります。
ここはクリニックによっても多少の違いはありますが、一般的な術後のケアの例を紹介します。

まず手術の当日はすぐに帰宅できますが、当日はお風呂も入れませんし、目は出来るだけ使わずゆっくりと体を休めます。
女性の場合はメイクも控えるように言われるので、しばらくは我慢です。

翌日は必ず検診に行きます。
レーシックは安全な手術だと言われていますが、うっかり目をこすってしまうと感染症を起こすこともあるので、その確認ための検診や検査をします。
手術から1日たてばシャワーも浴びていいと言われますが、洗顔やシャンプーは2日間我慢しなければいけません。

術後まもなくは一時的にモノが見えにくくなることもありますが、これは異常ではなく一時的なものです。
特に問題がなければ次は1週間後に診察に行きますが、1週間もすれば視力も徐々に回復しているのでだいぶ落ち着いてきます。
手術前の視力の状態にもよりますが強度の近視でなければ、だいたい1週間もすれば視力はほとんど回復してきます。
レーシックによって視力を回復させるメリットもぜひご覧ください。

しかし完全に視力が安定するまでには、最低でも1ヶ月はかかるので焦らないことも大切です。
1ヶ月たてば、普通の生活も送れるようになりますし、視力も安定してきます。 こちらのレーシック手術で視力回復の記事も大変参考になると思います。